読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみばこ

オチないはなし

自分の不甲斐なさが恨めしい。

自分の弱みを差し出し話し合いをした。
それでもわたしは結果を出せなかった。何もできなかった。現状を打破することはできなかった。むしろ悪化させてしまった。

着地点が見えていなかったからなのか、最初から諦めていたのか、まだどこかで感情が渦巻いたままなのか、それらすべてなのか。

殺すだとか、自殺するだとか。何も出来ないのがわかっていても怯んでしまうのは私が弱いからなのか。

優しいと言われる。でも優しいのではない。どうしたって誰にでも好かれたくなってしまう。結果的に色々差し出してしまう。誰にでも好かれたい人間は誰にも好かれないのだ。

もう、どうしようもないのだ。

私は現世で二度と幸せになれることもなければ、この運命と一生付き合っていかなければならないのだ。

自分の保身だけを考えた行動をした。もう私は死ぬしかないのだ。誰にも迷惑をかけずにと考えれば死ぬことすらできないのだ。生きにくい。

何度も何度も死んでくれたら、と願った。

死んでしまえば永遠に僕のなかに居続けるのに、と言った。どんなに他へうつつを抜かしても、正当に、居続けられるのに。

思ったよりも辛くて辛くて涙と胃痛が治らなくて、私は自分が余計にわからなくなってしまった。何が辛いのであろうか。

こうなったらもう死んだらいいのだ。
私は、私のことを好きでいてくれるひとの中にだけ居続けたい。それがいい。

私は元来我儘な女だし、自分勝手なのだ。
自分さえよければそれでいいし、私は何も間違っていないのだ。いつまでも、私が一番正しいのだ。

私は、私みたいなクソ女とは絶対仲良くしたくないし、結婚もしたくない。
自分が嫌いなくせに自分が可愛い。一生自分と分かり合えない。自分の中に自分がたくさんいる。もう付き合いきれない。

こういったときに、手を差し伸べてくれるひとの手を素直に掴めない。1人で醜くあがいて死ぬのだ。ありがとう。