なんだか突然新しい恋愛でも始めるかーという気になってとりあえず前にやっていた出会い系アプリを再開させてみた。

とくにそこに理由なんてなくて、強いて言うなら冬のせいだったのだ。凍えそうな季節に僕は愛をどうこう言う。

若干詐欺のような、まともな男の人が引っかかりそうでいてかつ個性のアピール出来るようなプロフィールを作成する。ああいうのってなんだか罠を仕掛けるのに似ている。

自分の好きなものを並べていくのでなく、こういうのが好きな男の人が良いな〜と思いながら並べていくのがコツで、こういったアプリなんて顔と趣味しか見る場所がないのだからそこさえなんとかしていればそれっぽく罠が発動するのだ。

ところで僕は自分のことをわりとありがちな趣味の人間だと思っていたのだが、まあ趣味が合う人間がいない。

発動させた罠を駆使して色んな人と話してみるがどいつもこいつもつまらなくなってしまって、ちょっと昔のことを思い出した。

その出会い系アプリを使っていたのはもはや2年弱前で、当時Twitterのある界隈でハチャメチャに流行っていて、その流れに乗ったものだった。

当時家には元彼がまだ暮らしていて、どうにもヤキモキしていて何か新しい恋愛でも始まらないかなと、そんな軽い気持ち。

そんな中で唯一会った男の子がいた。

当時は気づかなかったが、珍しくやたらと趣味が合う子だった。何度か逢瀬を交わしていたが、おそらく私の元彼への態度が煮え切らないことに腹を立てたのだろう、会えなくなってしまった(色々あったその後の私の態度も良くなかったのであろう)。
いま思えば勿体無いことをしたなあと思う。

たった数ヶ月だったが彼から影響を受けたことが沢山あって、未だに私の中に根付いてるものがいくつかある。それらに触れるたびに古傷を抉るような気持ちになる。当時おそらく彼を酷く傷つけただろうな、といまさら思う。

彼と初めて飲んだお酒がひと夏の恋というお酒だったのは運命だっただろうか。

日本酒のパケ買いしようぜ!とかいう楽しい遊びをした際に私が選んだお酒だった。本当に夏のあっという間の出来事だった。

以前未練たらしく久しぶりに連絡をとった彼はすでに新しく彼女ができていて、楽しそうな暮らしぶりであった。

たまに1人で歩いていると彼の言葉を思い出す。

おれは結婚できる側の人間だ、と言っていた。その通りであろう。彼はクセがあるもののとても面白い良い子だった。

わたしはどうだろう。結婚できる側の人間だろうか。

正直もうダメだろうな、と思う。一切妥協ができなくて、自分で自分の首を締め続けている。あれ、こんなこと前にも書いた気がするな?


こうして出会い系アプリを頻用すればするほど、彼に友人としてでもいいからもう一度会えたら、と思うのは疚しい考えだろうか。

そろそろ今年もクリスマスがやってくる。
クリスマスをひとりで過ごすのはもしかすると初めてかもしれない。そしてもう二度と誰かと過ごすことはないのかもしれない。

いやはや、自業自得だなあ。