読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんながみんな、違う正しさを抱えて生きてるということ。

年末年始、おそらく最初で最後であろう、のんびりした生活を地元に帰り送っていた。贅沢である。

年末年始ということもあって、色々な人が帰ってきているなか、いつもと変わりないメンバーとたらふくお酒を飲む良い年明けとなった。

その変わりないメンバーの一人にラウンジと呼ばれるキャバクラのレベルが高いバージョンで働いている友人がいる。その友人とサシで中心街に出かけた。

そもそも私は夜のお店で働いてる人間に非常に嫌悪を感じるような差別を抱えている。
その子が夜のお店で働き始めたことを知ったときは将来のこと考えて生きてる?絶対学校は卒業したほうがいい、まともな職に就かないと困るのは自分だ、とひたすら説得した覚えがある。
まあ説得も虚しく未だに働いているところを見ると無駄な努力だったと思うし、自己概念の押し付けだったとも思うのだけど。

その友人と仲が良いのは本当に奇跡に近いと思うし、性別と種族以外自分と何一つとして同じところがないし、その日もそれをわかっていながらひたすら揉めた。

普通の概念が違う人間と話すのは難しい。

自分が普通だと思っていることは相手にとってはありえないことで、また逆も然りなのだ。

その日はたまたま礼儀作法の話に始まって、ぼくがかんがえたさいきょうの男の話に辿り着いた。

そもそも彼女にとって男とは自分を如何にリードしてくれるか、如何にスマートな云々で気持ち良くさせてくれるかというところが大前提にあった。

(この時点で全く理解できないし理解しようともしてないから揉めるのだけど。)

だから私が付き合っていた男から好きになった男までひたすら全否定で、まあそりゃそうだわなあといった具合であったし、いい感じにお酒も入っていたために私も寛容になれずに落ち着いたイタリアンのお店で罵倒の応酬が始まることになったのであった。

そもそもそんなリード(笑)してくれるスマート(笑)で素敵な男性像って何十代の設定だよ、と。少なくとも私の知っている20代の設定ではないことは確かだし、お前が周りに囲っている男は全員4050代既婚だろう、と。

そんなことを噛んで含めて話しても、じゃあお前は経験の少ないもたついた童貞みたいな男が良いのか?と論点をすり替えられるだけに留まり、意地になった私も既婚のおっさんよりはましと返すほかなかった。

他にも自分の抱える理想の仕事像についても、素敵なアイリッシュコーヒーを出してくれる落ち着いたバーで揉めに揉めたのだが、噛み合わない議題であることが明確なので割愛する。居酒屋へ行け。

長年の付き合いなので揉めたとしても大抵しこりにはならないのだが、今回はひたすら持ち越していた(まあ数日後にはお互いケロっとしていたのだが)。

如何に普通の擦り合わせが難しいか、ということをひたすらに実感させられた会合だった。普通はこうでしょ?という会話がそもそも成り立たないのだ。もう宇宙人と会話しているも同然だった。それはきっと相手も同じだったと思う。

そんなことも手伝って、なんだか最近輪をかけて自分の正しさに自信がなくなってしまった。

浮気する男と何も知らない彼女について、するほうが完全に悪いし何を考えているのかわからないという私に、浮気されるような馬鹿な女が悪い、一人に執着するほうが間違っているという意見を聞いた。確かに一理あるなあ、とは思いつつも絶対に賛同できない意見だった。

友人にまさにこの浮気する男側がいたので、真相が知りたい私は電話をして何故彼女がいるのに他の女と色々するの?と開口一番聞いたところ、なに?今からおれ説教されるの?との返事だったし、何も考えてないよそんなんおれに聞くのが間違っているとの意見だった。真相は闇の中だったし、何も考えずに好きな女の子と好きなことできるのはある意味才能だと思った。

彼曰く、彼氏いるーとか浮気ぜったい無理ーとかいう女の子もちょちょっと甘いこと言ってちょちょっと触ってちょちょっと誘えば誰でもついてくるもん、本当クソだよクソ、絶対女なんか信用なんねぇという話だったんだけど、よく考えたらお前もおんなじじゃねえかと思い返してムカついてきた。

そんな感じでここ数日間、私が思う普通とは違う普通を抱えた人と色んな話をする機会が多く見聞が広がったし自分の正しさに自信がなくなった次第。他にも正しさが私に似てる友人がゲイにストーカーされている話だとか、愛してほしい概念の話だとか、悪条件で仕事を長年続けるやつが偉い話だとか、いっぱい垂れ流していたのだけど、まとめるのがめんどくさい。

勧善懲悪の話が好きです、自分の正義に自信の持てない世の中なので。

というわけで今年初めのパワーワードは正しさまともさ普通さです。

正しさの正しさを正しく教えてください。
今年も1年よろしくお願いいたします。