ごみばこ

オチないはなし

つい先月のおわり頃、膀胱炎らしき症状に見舞われた。

たいていストレスで免疫力の下がった頃合にかかるので、あーまたか…くらいの気持ちで市販されている苦い漢方薬を4日分しっかり飲みきった。軽めの症状であればいつもこれで治るのだが、今回はそうもいかなかった。

あれ?と思う頃には謎の激しい腹痛に襲われ、騙し騙し鎮痛剤を飲みながら痛みで早朝に目覚めること数日間。最終的に約数年ぶりの38℃越えの高熱にガタガタ震え、辛くて泣くという大人げない経験をしてのけた。

早めに病院を受診しろよという話なのだが、病院嫌いに加え退職後の保険証の手続きを忘れていたことによりずるずると長引かせてしまった。結局後日返還はあるものの10割負担で病院にかかるという珍体験をしてしまった。要らない経験値だ。

病院の先生曰く、腎盂腎炎だねー脇腹いたいでしょ?とのこと。スピーディーな診察と診断、臀部への筋肉注射だった。看護士さんに必死で注射が苦手だとアピールする22歳。それも軽やかにかわしサックリ打たれた。痛くないでしょ!と言われはい!と答えながらも痛みで声を詰まらせる22歳。最終的に保険証ないの!なら検査は省くから!本来であれば入院すべきだよ!今回は帰って薬飲んで様子を見なさい!と帰路につかされた。良い先生であった。

基本的に病院嫌いで本当に辛いときにしか病院へかからないのだけれど、どの病院もこれくらい早ければもう少し気持ちが楽なのになあと思った。病院で待つ時間は死刑宣告された死刑囚のような気持ちになるので嫌なのだ。独特な消毒液の匂いも得意でない。病院勤めだった人間がおかしい話だ。

とにかくそんなこんなで帰って来、薬が切れ熱が上がるたびにぐずぐず泣いている。膀胱炎の症状より高熱が辛い。膀胱炎の薬は副作用でひたすら吐き気が治らなく、毎日高熱にうなされながらえづいている。こういう時こそ実家へ帰れという話なのだが就活ラッシュだったせいで履歴書書きと面接が詰まっている。

調べたところ、腎盂腎炎が治るのに必要な日数は1週間から2週間。

もうどうにでもなあれ。

この調子で受けた会社から内定がきた際は正直内定辞退したい。お前は就活生の何を見ているんだ。